マシン同士の通信行動|Vidyoなどのソフトを導入して効率化を図る
システム

Vidyoなどのソフトを導入して効率化を図る

このエントリーをはてなブックマークに追加

マシン同士の通信行動

会議

日常的にネットワーク通信を行なうのが当たり前になった現在では、新たな通信の形態へ移行しつつあると言われています。ムーアの法則に従うように日々非常に速いスピードで進化するIT分野では、既に人と人がコミュニケーションを取る方式の通信は無駄が多いとみなされ、近年では機械同士が非常に高速な時間で通信を行い、そして能動的な行動を取ってもらうというパラダイムシフトが起きています。こういった機械同士の通信を行いそして能動的な行動を取る技術をM2Mと言い、M2Mは今後のネットワーク通信の大部分を利用するとされています。M2Mの魅力的な点は何と言っても人ではまず不可能な速度で通信が出来るという点があります。全て予め定められたロジックで通信を行なうため、人を仲介した時のタイムラグが発生しにくくなります。そして短い時間で通信を行なうことで、データの蓄積量が非常に早いスピードで行われます。M2Mの技術を使うことで既に無人で機能する工場などが登場しています。M2Mは今のところまだ限定的な使用しかされていません。というのもM2Mを可能にする機械を作るのにコストが掛かり、また閉鎖的な環境でなければ正常に稼働しないという弱点が有るからです。工場などの中で決まった動作をするという分には利用可能ですが、野外で稼働させるというのはまだまだ先の話とされています。ただしこの先と言っても数十年ではなく、数年レベルでは実現できるであろうと言われています。身近なものでは自動運転車などがM2Mの技術を活用していて、自動車同士が互いにネットワークを組み通信を行なうことで事故なく自動で運転することが実現しています。また全ての物にインターネットを接続するという思想のIoTが今よりも更に普及してくると、M2Mを実現させるために必要な環境を整えやすくなるであろうとも言われています。